ACRONYMコラボのVAPORMAXを買いました.かっこいいから見て.

こんにちは,CoarsePaper管理人のほりー(@CoarsePaper)です.

 

NIKEとACRONYMのコラボシューズを買いました.

adidas派の人間なんですが,ACRONYMとNIKEのコラボが終わる噂を聞いて改宗です.そのくらいACRONYM大好き人間です.一着も持ってないけど.

 

特にNIKEやACRONYMの歴史とか語るつもりは無く,とりあえずいっぱい写真を撮ってそのかっこよさを噛み締めたいと思います.

 

ちなみに購入したのはメルカリで,定価以下(21,000円送料込み)で購入できました.まぁ一応中古ということで.

色によっても相場が違いそうですが,僕が買ったのはあまり人気がないのかも知れません.

 

NIKE x ACRONYM AIR VAPORMAX FK MOC 2

こちらが公式画像.砂漠というのが一つのテーマになってるらしい.

 

動画もかっこいい

サイバーパンクな世界観が最高.

 

さて早速撮った写真を見ていきましょう.

外観

独特のジオメトリックなパターンが特徴です.これはACRONYMのAをモチーフにしているらしい.

 

そしてヒールの鮮やかな配色と,くり抜かれることで浮かび上がったACRONYMのマーク.

ソールのVaporMaxのユニットはペイントされおらず,一層未来感を感じさせます.

 

アッパーのニットは部位に寄ってトーンが異なります.

このダズル迷彩のようなパターンが大変よい.大変よいです.

 

シューレースが無いMocと呼ばれるタイプです.

伸縮性のあるゴアは黒のように見えますがカーキで,ヒールの色とマッチしています.

タンにはVAPORMAXの文字.

 

中にカタカナでアクロニウムの文字が.

 

履きつぶすつもりでいますけど,これすり減って穴あいたら悲しそうだなぁ…

 

履いてみた

これよ.是非化繊のパンツと合わせて履きたい.

スリッポンなので足入れも非常にスムーズです.あらゆるパーツが伸びるので快適に履いたり脱いだりできます.

 

ヒールのACRONYMのフォントのえげつなさ.後ろ姿がパンチ効いてます.

 

サイズ感なんですが,adidasで26.5cmを履いてて,27cmを注文してピッタリでした.

これまでadidasばかり履いていた理由として自分の足が甲高幅広というのがあるのですが,この靴はニットが伸びるのでかなり履きやすいです.

 

今日一日歩いてみてソールの柔らかさを実感しました.ブニブニしてる.

ソールのパーツががっつり別れているのもあって,踏み出したときの足の形の変化についてきてくれる感じがあります.

 

なんかシューグーで保護するのがスニーカーオタクの皆さんの方法らしいのですが,まぁ壊れてからで良いかなという気もしています.

どの服や靴についてもそうですが,僕はこれをリアルクローズとして使うので,大切に使うために余計な手間はかけたくありません.

 

まとめ

ということで,どストレートにかっこいい「NIKE x ACRONYM AIR VAPORMAX FK MOC 2」の紹介でした.

 

巷ではVETEMENTSやBALENCIAGAを筆頭とした「ダサかっこいい」的な流れがありますけどそれとは対極に位置しますよね.

ダッドシューズって僕はあんまり理解できなくて,というのはモードに対するカウンターというか,アンチモードとしてはちょっと安易な気がしています.

うまく言葉にできないのですがこの流れって多分すぐ終わりますよね….

 

僕はテクノロジーとモードが好きなので,その2つが上手にかけ合わさっているACRONYMが僕の中での最高です.

NIKEも機能がデザインとして顕現するという思想はもっているみたいなので,今後は毛嫌いせずにチェックしていこうと思います.

まだACRONYMの洋服を買えたことがありませんが,いつか全身分揃えたいですね.

 

ではでは〜.

 

↓下町のTripleSと呼ばれているムーンスター ADVAN